ブランドものを買う意味

 ブランドものの指輪は、誰もが一度は憧れるもの。
ブランドの婚約指輪を選ぶ理由は、品質もありますが、最大のポイントはやはりデザインではないでしょうか。
デザインを最優先に婚約指輪を選ぶのなら、ブランドものでしょう。
独特なデザインは、見ただけで、どこそこのブランドだなと分かります。

 歴史あるインターナショナルジュエラーで買うことは、宝石の専門知識があまりない私たちにとって、安心に繋がります。
例えば「ハリー・ウィンストン」や「ブルガリ」では、クラリティはVSクラス以上、カラーはF以上のダイヤモンドだけを使用しているとのこと。
「ヴァン クリーフ&アーペル」はもっと厳格で、VVSクラス、Eカラー以上だそうです。
右も左も分からないジュエリー初心者には、これはとても心強いこと。
一夜漬けで慌ててダイヤモンドの勉強をしなくても、大失敗はしなくてすむわけです。

 ただ、宝石の品質で選ぶのなら、婚約指輪の専門店や宝石店で婚約指輪を買った方がいいです。

 ブランドの婚約指輪に使われている宝石は、そのブランド店が定めている独自の規格をクリアしたものだけ使われています。
ダイヤモンドの品質で言えば、それ以下のものも望めないし、それ以上のものも望めないのです。
型にはまったものしか買うことができないということになります。

 一方で、ブランドもののジュエリーには、宝石や貴金属の値段以外の「目に見えない値段」が、色々加算されています。
デザイン料、広告料、一等地に構えたブティックの地代などなど……。
また、雑誌に頻繁に登場する量産品の場合、どうも「目垢」がついた感じがしてしまいます。
これらことが本当にマイナスポイントなのかどうかは別として、目に見えない値段がどうしても気になるようでしたら、インターナショナルジュエラーのブティックではないところで購入するようにしましょう。