ダイヤモンド選びのポイント

 「4C」という言葉は、これから指輪を買おうという女性たちなら一度は聞いたことがあるでしょう。
ダイヤモンドだけにある、クォリティを表す4つの目安、これが4Cです。
ダイヤモンドのルース(裸石)は、この4Cによって、ある程度の価格の相場が決まってきます。

 ダイヤモンドのクォリティを表すにはいくつかの方式がありますが、日本で一般的に使われているのは、GIA(アメリカ宝石学会)のシステムです。
いわゆる宝石鑑定士とは、GIAなどの学習システムで宝石学を修めた人、ジェモロジストのことを指します。

 まず、カット(Cut)。
これはダイヤモンドの形状のことを指します。
最も一般的な丸い形の58面カット、ラウンドブリリアントには、エクセレントを筆頭に、ベリーグッド、グッド、フェア、プアの5段階があります。
この段階は、ラウンドブリリアント以外の形状には用いられません。
また、日本でのカット評価と、海外での評価とでは、多少システムに異なる点があります。

 次に、クラリティ(Clarity)。
これはダイヤモンドの透明度を指します。
内包物やキズの少ない方から順に、F、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3の11段階に分けられます。
F、IFはほとんど無キズ。
VVS~VSはルーペで見て内包物やキズが見つけにくい。
SIはルーペでは内包物やキズが見つけやすいが、肉眼では難しいもの。
Iは内包物やキズが肉眼で見える、といった感じです。

 次は、カラー(Color)。
これはダイヤモンドの色を指します。
無色を表すDを最高級として、EFGH……とグレードが下がっていくにつれ、ダイヤモンドは黄色味を帯びてきます。
DEFは無色、GHIJはほとんど無色、KLMはかすかな黄色、N~Rは極めて薄い黄色、S~Zは薄い黄色、といった感じです。
また、色がついている石は全て質が悪いというわけではなく、特別に色の美しい石はファンシーカラーと呼ばれて珍重されます。

 最後に、カラット(Carat)。
これは、宝石の重さのことで、主にctと書き表されます。
1ctは0.2グラムで、正確な形に磨かれたラウンドブリリアントカットの場合、1ctの直径は6.5ミリに相当します。

 さて、もしこれからダイヤモンドを購入するとしたら? 優先順位第1位は、カット。
どんなに大粒のダイヤモンドも、カットが劣れば光り輝かないからです。
婚約指輪用には、グッド以上のグレードがよいでしょう。
第2位は、クラリティ。
婚約指輪用には、内包物やキズが目で見えるようなものは避け、SI1以上のグレードのなかから選ぶようにしましょう。
続いて第3位は? 量より質を取る時はカラー、量を取る時はカラットを優先します。
カラーは、プラチナやホワイトゴールドのリングの仕立てるなら、黄色みの目立たないH以上を。
イエローゴールドのリングにするなら、IやJくらいでもまあOKです。
カラットは、30代や40代になってもずっと着け続けていくことを考えれば、0.4ct以上は欲しいところです。

 しかし、いくら大切だからといって、カットだけがトップクォリティで後はおざなり、という選び方はあまり感心できません。
鑑定書はダイヤモンドの質や色の評価が書かれていますが、美しさまでは書いていません。
ですからご自分の目を確かめて下さい。
何より大切なことは、選択する前に同じようなダイヤモンドをできるだけたくさん見比べることです。
手離したくないと思うものこそ購入すべきダイヤモンドです。

 宝飾店の照明は、ダイヤモンドを選ぶには少し明る過ぎることがあります。
ダイヤモンドを見極めるには、直射日光でない昼間の自然光が適しているのですが、店内でそのような光を見つけるのは容易ではありません。
そこで、頭上の明かりを避けてカウンターの下で見てみるのもいいでしょう。
良いダイヤはたとえ光が弱くても輝きますが、そうでないものは暗く鈍い光になります。