ダイヤモンドの鑑定書

鑑定書がないと価値はない?

 ダイヤモンドの鑑定書は、日本ではほとんどの場合、GIAと呼ばれるアメリカ宝石学会でGGという資格をとった人が主催する会社が鑑定を行っています。
確かに資格を取るための勉強をのものは、大変に難しく厳格ですが、残念ながら資格を持った人が全員正しく仕事をしているとは限らないのが、世の常です。

 あなたが膨大な数のダイヤモンドを実際に見て経験を積んだ専門家ではなく、また、世界的に名声のある一流ブランドからダイヤモンドを購入するのでもなければ、鑑定書つきの指輪を選んだ方がいいでしょう。
なぜなら、鑑定書(グレーティング・レポート)がなければ、購入しようとしているダイヤモンドがどのような品質のものであるかが分からないからです。

 ただし、この場合の鑑定書は高い評価を受けている鑑定業者が発行した優良なものに限ります。
それまで耳にしたことがないような国の鑑定業者には十分ご注意ください。
そして、鑑定書の評価がどんなに高くても、最後の決断は必ず自分自身の心と目で行いましょう。

鑑定書より大切な刻印

 日本人は几帳面な民族で、自分が買ったものを正確に記述した書類を欲しがります。
それ自体はいいのですが、石を買って書類を見るのではなく、書類を見て石を買う、つまり鑑定書に不必要に依存する傾向があるのは少々困りものです。

 こうした過剰な書類依存は、日本だけのこと。
海外のブランドはほとんど出さないのが現実です。
だから鑑定書はないよりマシ程度に思って下さい。
実物の宝石を自分の目で見れば素人にだって、それがきれいか否かは意外と分かるもの。
きれいじゃないと思ったら紙が何を言おうと買わない、それでいいのです。

 それよりも「刻印(ジュエリーの金属面に販売した店の名前がわかる印を打ち込んだもの)」のほうがよほど重要です。
それは自分で売った商品にはいつまでも責任をもつという印だから、買う方からみればとても安心なことです。

 刻印は、売る方が商品によほど自身がなければできません。
刻印を全てのジュエリーにつけている業者は外資系で10社ほど、国内の業者ならせいぜい数社。
あなたが一生使う予定の指輪を買う際に、指輪そのものに刻印があるというのは、レシートや鑑定書よりも大事なことだと認識して下さい。