オーダーメイドの指輪

 指輪のオーダーメイドは、大まかに分けて「セミオーダー」と「フルオーダー」の2種類になります。

 セミオーダーは、まずダイヤモンドのルース(裸石)を予算に合わせて選び、次に好きなデザインの空枠(からわく:石を留めていない状態のリング)を選んでダイヤモンドをはめこみます。
いうなればスーツのイージーオーダーのようなもので、仕上がりの雰囲気が事前に予測できますから、初めてでも安心。

 デザインは気に入っているのに値段が折り合わない、ダイヤモンドのグレードは希望通りでもデザインがしっくりこないなど、普通は別の製品を取り寄せなければならない場合も、セミオーダーなら注文に応じて指輪を完成させるので、この面倒がありません。
ほとんどのブライダル専門店がこの方式を採用しているのは、完成品の在庫を持たずに済むという、店側にとって都合がよいこともあるからです。

 一方フルオーダーは、デザイン画を描きおこして指輪を一からあつらえます。
2人だけの完全なオリジナルリングを作れるという点は、何よりの魅力です。
ただ、「こういう感じの指輪が欲しい!」という具体的なイメージを持っていない人には、フルオーダーは向かないかもしれません。
自分なりのイメージがわかないかぎり、店に何度足を運んでも、よい結論には行き着きにくいでしょう。

 また、デザインのセンスは店によって違いますので、2人の感性にマッチする店を探し出すのも重要なポイントになります。
簡単なスケッチを見せたりして、心に思い描く指輪のイメージをデザイナーにしっかり伝え、打ち合わせにたっぷり時間をかけるのが、フルオーダーを成功させる秘訣です。

 すでにルースを持っている、またはお母様の指輪を仕立て直すなどの場合は、フルオーダーの店で相談してみるのがよいでしょう。
セミオーダーの店にルースを持ち込み、空枠にセットしてくださいと頼んでも難しいかもしれません。
店にとって利益になりませんから。
フルオーダーとリフォーム、いずれにしても、ジュエリーの「あつらえ」の経験を十分に持っている店に頼むのがベスト。
これまでに仕立てたオーダージュエリーの記録(デザイン画や写真)を見せてもらい、検討しましょう。

 オーダーメイドの1点ものは、満足度は高いのですが、やはり量産品と比べて割高にはなります。
あらかじめルースを持っていても、あつらえの過程は1点ものと同じですから、トータルで安くなることはそうありません。
職人の腕がよければ指輪の仕上がりはそれだけ見事なものになりますが、加工賃も安くはありません。
先にしっかりと自分たちの予算を伝えておくのは大切です。