指輪のお手入れ

 指輪を定期的にお手入れしていますか? 家にある道具だけでも相当きれいになるものです。

 婚約・結婚指輪に使用されることの多い、ダイヤモンド、プラチナ、ゴールドのジュエリーのクリーニングについて、家庭でもできる方法を紹介します。
なお、水分や熱に弱い宝石(真珠、エメラルド、オパール、珊瑚、ターコイズなど)が使われているジュエリーでは行わないで下さい。

家でもできるクリーニング方法

 《用意するもの》
食器洗い用の中性洗剤
ぬるま湯
やわらかめの歯ブラシ
洗面器
タオル
セーム革(カモシカのなめし革。
メガネ拭きでも可)
《アドバイス》
 クリーニングを始める前に、まず石留めの爪がゆるんでいないかを確認して下さい。
ピンセットなどでちょっと触ってみて、カタカタ動くようなら危険です。
クリーニングしている間に、石が取れて失くしてしまっては大変ですから、なるべく早めに購入したお店に持って行き、修理してもらいましょう。

《手順》
1.洗面器にぬるま湯を入れ、中性洗剤を溶かします。

2.その中にジュエリーを浸し、少し時間を置いて、汚れを浮き立たせます。

3.爪と石の間や台座の裏など、汚れの詰まっているところに歯ブラシを当て、汚れを取り除きます。

4.ジュエリーをぬるま湯でよくゆすぎます。
洗剤が残っていると、肌荒れの原因になります。

5.タオルで水分を拭き取り、仕上げにセーム革かメガネ拭きで磨きます。


 もっと本格的にクリーニングしたいという方には、超音波洗浄器もお勧めです。
これは、超音波でメガネやジュエリーを細かく振動させて、付着した汚れを浮き立たせる仕組みで、ブラシなどでは落としにくい、細かな部分のクリーニングに適しています。

 今の主流は、洗浄液を使わない、水だけでクリーニングできるものになっており、日本のメーカーからも様々な家庭用超音波洗浄器が発売されていて、簡単に購入できます。

宝飾店でクリーニング

 さらにきれいにしたい、ついでに色々メンテナンスしてもらいたいという場合は、購入した店でクリーニングを依頼するという手段があります。

 指輪を買って以来、そのお店を訪ねたことがないという方も多いでしょうが、きちんとしたジュエリーショップは、アフターサービスも充実しています。
そうしたお店で指輪を購入した方は、クリーニングやメンテナンスといったサービスまで含めて買物したのですから、それを利用しない手はありません。
出かける手間と時間はかかりますが、プロの手で確実にきれいにしてもらえますし、自分で道具を揃える必要がないという利点があります。

 爪のゆるみや指輪の歪みなどもチェックしてもらえますから、一石二鳥です。