一生ものの指輪を選ぶ5つのポイント

婚約指輪は買わなくてもいい?

 普段ジュエリーにあまり興味がない方の中には、ダイヤモンドに大金を出すよりは、もっと生活に役立つお金の使い方をしたいとお考えになるケースもあるでしょう。

 指輪は、婚約に際する記念品のうちの1つですから、他に記念になるものを求められるなら、指輪は買わないという選択肢もありでしょう。
また最近は、婚約指輪を買わず、その分結婚指輪にお金をかけるというケースも少なくありません。
ひとつの指輪で、婚約指輪と結婚指輪を兼ねてしまうという合理的な考え方です。
このような花嫁たちの間で最近人気が急上昇しているのが、「エタニティリング」。
宝石が指をぐるっと一周するように途切れなく並んだ指輪です。
デザインに切れ目がないため、「終わりがない」こと、すなわち「永遠」を表すシンボルとして古くから用いられ、婚約指輪も兼ねた結婚指輪として選ぶ人が多くなっています。

 ただ、そのデザインの特質上、重いものを持ったりひどくぶつけたりすると、ゆがんで宝石が外れてしまうことがあります。
また宝石で家具やバッグなどを傷つけてしまうこともあります。
宝石が完全に指を一周する「フルエタニティ」に対して、半周だけ石が並んだ「ハーフエタニティ」というタイプもあります(2つの指輪を合わせて全円=永遠といった感じでしょうか?)。
耐久性や使い勝手の点では、こちらの方がずっと実用的です。

ステキな指輪と出逢うために

 婚約指輪・結婚指輪選びには決まりごともルールもありません。
人生の最高の瞬間、結婚前の楽しさと幸福感に満ちあふれた時期に、その日々の記念として自分たちが一生使っていこうと思う指輪を選べば、それでよいのです!

しかし、ジュエリーには他の商品とは違うところがあります。
つまり、売り手と買い手との間の大きな知識差です。
ジュエリーを毎日買う人はいません。
ですから買い手に商品知識が累積しない、つまり残らないのです。
だから、実際に手に取られる前に、みなさんが少し知識をもっておかれることをおすすめしたいと思います。


《成功する婚約指輪・結婚指輪の買い方~5つのポイント》
(1)デザイン、石の種類や大きさ、予算などを一応決めておく。

(2)次に予算範囲内のジュエリーを、複数の店をハシゴしながら見て回る。
目移りがしたら、心が決まっていないので、(1)に戻って考え直す。

(3)見ていくうちに、自然とジュエリーの価格や、良し悪しなどが分かるようになる。

(4)必ず1人もしくは彼と2人だけで行く。
親、親友などでも絶対に同伴しない。
(誰のための指輪か考えて)
(5)きちんとした服装で、上品に振る舞う。
「これ!」と決まったら、買う。